2008年05月20日

【連載】2007年ロボコン その9

■回路のモジュール化■

回路の設計、製作には結構時間がかかります。
ロボコンではたいてい以下のような流れで
回路をつくります。

回路図作成

実態配線図作成

部品取り付け

プログラム,

かなり効率よくやっても最短で20~30時間の仕事になります。
大きい基盤になるとプログラム含め100時間を越します。

やはり大会前の急な仕様変更は命取りになりがちです。
昨年は回路の配線規格を統一して、
ドライバ系をモジュール化することで、
フレキシブルな回路を作ることを目指しました。
たとえば、モータの変更であれば、
同じ配線規格の高容量なドライバに取替えるだけで
簡単にできるはずです。


▲モータドライバ(試作品)


▲CPU基盤


▲サーボドライバ基盤


▲モータドライバ2(試作品)


▲ロボットへ取付状態


▲ハンダ面。スズめっき線で配線してあります。


▲実態配線図。回路図はパソコンで作りますが、
  実態配線図だけは、いまだに方眼紙と鉛筆で手書きです。
  (クリックで拡大します)



同じカテゴリー(2007年ロボコン)の記事画像
【連載】2007年ロボコン その14
【連載】2007年ロボコン その13
【連載】2007年ロボコン その12
【連載】2007年ロボコン その11
【連載】2007年ロボコン その10
【連載】2007年ロボコン その8
同じカテゴリー(2007年ロボコン)の記事
 【連載】2007年ロボコン その14 (2008-06-16 21:41)
 【連載】2007年ロボコン その13 (2008-05-27 23:34)
 【連載】2007年ロボコン その12 (2008-05-26 21:40)
 【連載】2007年ロボコン その11 (2008-05-22 22:58)
 【連載】2007年ロボコン その10 (2008-05-22 00:03)
 【連載】2007年ロボコン その8 (2008-05-20 00:29)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 豊田高専ロボコンAチーム at 22:26 │Comments(0)2007年ロボコン
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。