2008年05月22日

【連載】2007年ロボコン その10

■スリップリング■

ロボットのアームはターンテーブル上に設置されているため、
回転するテーブル上にいかにして電源を送るかが
問題となりました。

電源のバッテリーは1キロを超えるため
複数載せるのは重量制限を考えると非現実的です。
またケーブルを使用すると操縦者が常にどちらに
何回転したか意識しなければからまってしまいます。

そこでスライド接点(ブラシ)を用いて、
回転数・回転方向をまったく気にせずに操縦できる
スリップリングを採用しました。
ブラシはカーボン、リングは銅でできています。


▲ブラシ

一般的なスリップリングでは
電極が軸の円周に沿って巻きつけられていますが、
軸に銅箔を絶縁して巻くのはむつかしいため、
ベークライト板に銅箔がはられた生基板をポケット加工して、
+-の電極としました。


▲電極

結果、電源供給は良好で、
回転しながらでも確実に供給できましたが、
電極の+・-が水平に配置されているため
ボルトやナット等の金属を落とすと、
+-両電極の間にまたがってしまう危険はあります。


同じカテゴリー(2007年ロボコン)の記事画像
【連載】2007年ロボコン その14
【連載】2007年ロボコン その13
【連載】2007年ロボコン その12
【連載】2007年ロボコン その11
【連載】2007年ロボコン その9
【連載】2007年ロボコン その8
同じカテゴリー(2007年ロボコン)の記事
 【連載】2007年ロボコン その14 (2008-06-16 21:41)
 【連載】2007年ロボコン その13 (2008-05-27 23:34)
 【連載】2007年ロボコン その12 (2008-05-26 21:40)
 【連載】2007年ロボコン その11 (2008-05-22 22:58)
 【連載】2007年ロボコン その9 (2008-05-20 22:26)
 【連載】2007年ロボコン その8 (2008-05-20 00:29)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 豊田高専ロボコンAチーム at 00:03 │Comments(3)2007年ロボコン
この記事へのコメント
おおー。スリップリング自作とはこれまた。

去年は市販品を使おうって話があったのですが、マシンいじってる時に設計者がスリップリング壊すんじゃないかっていう不安があったのでマシン内部で赤外線通信して信号のやりとりしてました。
電源共通で別々に受信した方が良かったのかも……。今年もこういうのが必要になったら真似しちゃうかもしれません(笑)

ネジが落ちてきて……。は怖いですね……。


挨拶が遅れました。群馬高専で設計とかしてるシクロです。
Posted by シクロ at 2008年05月31日 19:04
はじめまして。

実は豊田もマシン内部で赤外線通信が当初の計画でした。
ただプログラムがめんどくさすぎて・・・

コントローラと通信しながらマシン内部で通信しながら、
プログラムで(モジュールつかわずに)PWMかけるのは
無理でしたorz
僕がPICしか使えないもので・・・
今年はH8進出したいですね。

去年は鉛蓄電池使っていたので、
ワッシャ落としたとき・・・キレイです
Posted by 豊田高専ロボコンAチーム豊田高専ロボコンAチーム at 2008年06月16日 21:47
その光はみた……くないですね。
剥き出し怖い……

うちの子は初めのころ自分単体で混信できる特技の持ち主でした(笑)
Posted by シクロ at 2008年06月24日 21:13
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。