2008年05月15日

【連載】2007年ロボコン その7

■剛性を重視した設計■

昨年は騎馬戦という競技課題の性質上、
相手校のロボットとの接触は避けられないため、
接触しても破壊しない強度が必要でした。
そこで構造材の一部にアルミフレームを使用しました。

アルミフレームはアルミをダイス(型)から押し出して
成形(マカロニと同じです)しているので安価です。
また複雑な断面形状からわかるように剛性が高いです。

アルミフレームに取り付ける部品は写真のように凸部を設けて、
フレームの溝と肩がきくようにしました。
またナットは専用の段つきナットを用いてさらに
高強度になるようにしました。



▲アルミフレームの溝にはまる段


▲アルミフレーム


同じカテゴリー(2007年ロボコン)の記事画像
【連載】2007年ロボコン その14
【連載】2007年ロボコン その13
【連載】2007年ロボコン その12
【連載】2007年ロボコン その11
【連載】2007年ロボコン その10
【連載】2007年ロボコン その9
同じカテゴリー(2007年ロボコン)の記事
 【連載】2007年ロボコン その14 (2008-06-16 21:41)
 【連載】2007年ロボコン その13 (2008-05-27 23:34)
 【連載】2007年ロボコン その12 (2008-05-26 21:40)
 【連載】2007年ロボコン その11 (2008-05-22 22:58)
 【連載】2007年ロボコン その10 (2008-05-22 00:03)
 【連載】2007年ロボコン その9 (2008-05-20 22:26)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 豊田高専ロボコンAチーム at 22:43 │Comments(0)2007年ロボコン
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。