2012年10月26日

Windows8が発売されたわけだが。。。

おはようございます、こんにちは、こんばんは
前回の更新からだいぶ遅れてしまいましたm(_ _)m

だれも更新する様子がないので回路班のぶりが今日も更新します


まずは地区大会が終わったということで関係者のみなさん、お疲れ様でした
このブログを読んでくれている方はすでに知っているかもしれませんが
一応大会の結果報告をしましょう

Aチームは第2回戦敗退

ああ、自分で書くと何とも言えない記憶がよみがってくる(((( ;゚д゚))))

まあ結論から言いますと
NHKの赤外線ジャミングは半端ではない
そのために講じた対策で1回戦目はある程度動き判定勝ちしたのですが
2回戦目で試合中にXtionが骨格を認識してくれないという状況に。。。;;

しかも原因がおそらくライブラリ
(Xtionでのプログラムを書くにあたって必要なソフト)
のバグの可能性という初めてのトラブルでどうにも出来ませんでした

エキシビションというなんでもありの魅せる時間に出させてもらって
ロボット自体の機能は全部発揮できたので、そういう意味では安心しましたが
やっぱり自分の担当であったXtion(KINECT)がうまくいかなかったのは
悔しいというか残念です

ARのように画像を読みこませて操作するというロボットも多く
KINECTの勉強の副産物としてあと少し勉強すればできたんですが
やっておかなかった自分に後悔する部分もあります

ただ、結果から見れば残念でしたが
Aチーム初?のエキシビション
で機能をお披露目できたことは良かったことだし、
KINECTやPCを使う新しい技術の開拓
という意味では大きな意味があったんだと思います


さて、なんだか暗くなってしまった気がするので
現在のロボコンについて

大会終了後の一・二週間はいろいろ今年度のロボコンを振り返って
良かったこと・悪かったこと・改善することなどをみんなで話し合いました

そして「自分たちはアイデア出しが甘い」という結論に至り
来週からは過去のルールを使ってアイデア出しを行う予定です


というわけで後日ロボットの写真を貼りまくります


P.S. 今日の回路班?用語 「git」

gitとはLinuxでも有名なリーナス・トーバルズが開発し、
現在Google社の濱野純さんが管理しているバージョン管理ソフトです

バージョン管理ソフトというのはプログラムを変更や修正した時
その変更点を保存しておき、過去の状態を振り返って良かった機能だけ復活させたり
変更した理由を思い出したり、バックアップとして保存したりするソフトのことです

使おうと思ってはいるのですが、まだ手が出ていません



同じカテゴリー(2012年ロボコン)の記事画像
このブログは昨夜10時ごろに書かれたものです。
夏休みは、もう・・
ホンマ部活がしたいねん・・
暑い日がつづいて・・
ありがたやー!ありがたやー!
あらぁ?梅雨ってまだ明けてないの?
同じカテゴリー(2012年ロボコン)の記事
 う~ち~あ~げ~っ! (2012-11-16 17:19)
 レポートの提出日と体育の日が被ってるなんて徹夜者死亡じゃん (2012-11-08 07:11)
 このブログは昨夜10時ごろに書かれたものです。 (2012-10-07 09:03)
 じゃあ、いつやるの? 今でしょ!! (2012-10-05 06:12)
 大会まであと2週間 (14日間) !! (2012-10-01 07:16)
 なぁ・・・やけに人が少ないと思わないか・・・? (2012-09-28 23:13)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 豊田高専ロボコンAチーム at 23:03 │Comments(3)2012年ロボコン
この記事へのコメント
とりあえず、大会おつかれっす。
本番でしかわからないことは、まぁどうしようもないよね。
あと、ライブラリのバグは俺も遭遇したことないわ。

Windows 8はパーツとセットじゃなくてもDSP版が買えるらしいのがいいね。
gitは存在自体を知らんかった。
Posted by ごろー at 2012年10月29日 00:18
数年前まで赤外線通信を使って大会に出ていたなんて、嘘みたいだろ? それでもちゃんと動いていたんだぜ?
実際あの会場は赤外線は使えないものと考えておかないとダメですね、経験上。

gitについては使ってますねー。主に自分のvimrc(vimの設定ファイル)をおいてます。複数マシンで管理するならUSBで持ち歩くより断然楽ですし。使ってみると便利さが身にしみると思いますよ。
Posted by raiden at 2012年11月03日 20:31
> ごろー
本番中は画面も見れない(スペース的に閉じるような設計)だったから
本当に認識してくれてないのかよくわからなかったんだけど
試合終了後に画面開いたら、まったく認識してくれてなかった

やっぱり、モニタ機能は必須だと感じたよ

gitはプロのプログラマーのブログ読むようになってから知った

> raiden
会場を経験してからは
本当に赤外線で操縦してたなんて信じられませんよ
Xtionは対象物に赤外線を当ててその反射で測るという仕組みなので
赤外線通信はその間に入ることを防げばよいんですが
Xtionはカメラ本体だけじゃなく
対象物にライトが当たらないようにする必要があり
より一層あの会場では使いづらいと感じました

gitはやっぱりエディタに統合するのが楽ですよね
自分もまずは、git用のソフトでやってから
エディタに統合しようと思っています
Posted by ぶり (しゅーぞー) at 2012年11月08日 06:59
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。