2008年05月08日

【連載】2007年ロボコン その3

こんばんは。
今日から12回で2007年に初めて使った技術を紹介します!

『技術』といっても…
年々削られる予算とルールの重量制限に苦しめられて
異常な状態の部品や考えられない使い方をしているものたちです。

たまげること請け合いですface08

■オープンエンドタイミングベルトの採用■

過去にタイミングベルトを使用した例は多くあるのですが、
エンドレスベルトや融着ベルトが用いられていました。
エンドレスベルトや融着ベルトはどえらい高いので、
オープンエンドベルトを購入し、ベルトを途中で継ぐ方法を使っています。
この機械はベルト使用が多いため、1~2万円程度の予算圧縮できました。



接合はベルトの両端を突合せて、その歯に同種のベルトを
100ミリ程度のベルト片で歯をかけてあてがい、ボルトでベルトサイドを固定。
この方法ではベルトを傷つけないため、強度の損失が小さいはず。
見てのとおり多回転(ベルトが半周以上する)の場合は
プーリが接合部を噛みこむので使えないです。



押さえはA6063ですが、ネジがきってあって、
ナットをかけずに使っていますが意外と大丈夫です。
オーバーホールしてるとそのうちダメになります。


同じカテゴリー(2007年ロボコン)の記事画像
【連載】2007年ロボコン その14
【連載】2007年ロボコン その13
【連載】2007年ロボコン その12
【連載】2007年ロボコン その11
【連載】2007年ロボコン その10
【連載】2007年ロボコン その9
同じカテゴリー(2007年ロボコン)の記事
 【連載】2007年ロボコン その14 (2008-06-16 21:41)
 【連載】2007年ロボコン その13 (2008-05-27 23:34)
 【連載】2007年ロボコン その12 (2008-05-26 21:40)
 【連載】2007年ロボコン その11 (2008-05-22 22:58)
 【連載】2007年ロボコン その10 (2008-05-22 00:03)
 【連載】2007年ロボコン その9 (2008-05-20 22:26)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 豊田高専ロボコンAチーム at 23:02 │Comments(0)2007年ロボコン
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。